《便利お得情報》逆に電気代が高くなってしまうケースも考えられる

日に日に太陽光発電を設置するご家庭が増えてきており、現在では自然再生エネルギーが注目されています。
貴方の自宅に太陽光発電が導入されれば、きっとこれまで考えられなかったほどの節電が実現することでしょう。 昼間には通常よりも割高で、そして夜間は割安となる「時間帯別電灯」に変更することにより、電気代を節約することが出来ることもあります。
しかし昼間に自宅にいて電気を多く使用するような仕事をしている人は返って割高になってしまうのでご注意ください。
太陽光発電というのは「日中には自家発電で、そして夜間は電力会社」という特徴から電気の契約内容を見直してみると良いかもしれません。
これを見直すことによって、これまで以上に太陽光発電ライフがお得になってくることでしょう。

 

太陽光発電の導入で大切なこととしましては、まずは自分のライフスタイルを見直してみるということです。
電力会社の電気代を削減するためにも、電気料金プランはしっかりと確認をするようにしてください。



《便利お得情報》逆に電気代が高くなってしまうケースも考えられるブログ:2020-7-11

両親から
「コーヒーを飲んだら22時眠れないよ」と
お子様の頃に言われ続けた言葉がおまじないのようにしみついて…

大人になった今もわしはお昼過ぎ以降にコーヒーを飲むと
決まってその22時は眠れないんですよね。

なんでこんなに眠れないの?というときも、
一日を振り返るとその時間帯にコーヒーを飲んでいたのを
思い出すことがしばしばあります。

呪文の威力なのか単にカフェインが効きやすい体質なのか、
よくわからないところもありますが…

そんな眠れない22時、
わしは考えることはやめて、
横になったまま「今」を感じてみることを時々やってみたりします。
五感のうち視覚と聴覚を使うんですね。

まず見ること。
目を閉じたまま、目を凝らして見てみるんです。

集中して見ていると、
黒い背景に点滅フラッシュが出てきたあと
青紫色のもやがオーロラのように形を変えて浮かんできます。

それから、たくさんの星が散りばめられた宇宙の中を
自分自身が高速で進んでいて、星々の中をかきわけていくのが見えてきます。

ちょうどロケットの操縦席に座って見える景色のようで、
わしはつかの間の宇宙旅行をしている気分になります。

もうひとつは聴くこと。
耳を澄まして、自分の心臓の音を聴いてみるんです。

そして、同時にゆったりした呼吸も感じてみます。

心臓の音を聞いていると、
ポンプとなって血液をからだの隅々まで
一生懸命に送り込んでいるのが浮かんできて…
わしは思わず声援を送りたくなります。

22時は呼吸が緩やかになるものですが、
自分の穏やかな呼吸を感じていると、
とても安心した気持ちになって
わしはいつの間にか眠っていることも多いです。

ゆっくりとしたリズムが眠りを誘うんでしょうね。

とっぴんぱらりのぷう